このサイトレスリー・チャン音楽的箱電影的箱資料的箱交流中心ニュースログ写真的箱イベントLink的箱
TOP情報的箱>From Now On〜これから、ここから。



2004Octber to 2005 March分はこちら
2004.Aug to Sep分はこちら
2004.April to May分はこちら
2003.December to 2004March分はこちら
2003.July to December分はこちら
2003.april to June分はこちら





投稿型ニュースは「ニューストレイン」で!



情報的箱  

(注:一部リンク先のページが以前の情報のため無いことがあります。ご了承ください


2005.9.12
渋谷Bunkamura「覇王別姫」特別上映速報(by LLスタッフ3号)

 現在東京・渋谷Bunkamura ル・シネマで舞劇「覇王別姫」公演に合わせて特別上映されている『覇王別姫』(9/10〜9/18)は、レイトショーにもかかわらず、初日は上々の入りだったそうだ。

 上映が終わる時間は終電も近いというのに、ファンによる展示物に見入るお客さんが絶えない。この作品は本年、香港で行われた中国映画100年ベスト10の第1位に選ばれている。また、米TIME誌が選ぶ映画100にも選ばれたまた、9月12日は主演のレスリー・チャンの誕生日でもあり、香港では『覇王別姫芸術展』(9/9〜9/12)で開催されたばかりだ。

 初めてこの作品に触れる方にも、長くこの作品を愛する方にも、ぜひ機会を逃さず大きなスクリーンで心より堪能して鑑賞していただきたい。 
(9/10 初日上映後)





2005.9.3 @東方日報
張國榮の49回目の誕生日はディズニー開幕の喜びとともに

 9月12日は張國榮の49回目の誕生日、この日は、遠くにいる偶像のお祝いをしようと、世界各地の哥哥ファンが香港へ集まる。9月9日から12日の4日間は、多くの記念イベントが開催されるほか、哥哥ファンがアルバムを発表したり記念本出版など、死してもなお、哥哥ファンの彼へのその思いはあたかも--「風は吹き続ける」かのようだ。

 哥哥が去ってから2年余りになるが、偶然にも、今年の哥哥の誕生日は「香港ディズニーランド」の開幕と同一日で、ディズニーランドの開幕を喜び祝う人とは別に、哥哥ファンは悲しみの気持ちを持って偶像を追憶する。哥哥のファンクラブのひとつ「悦榮軒」は、悲しみを力に変え、ディズニー開幕という盛大なイベントを天の哥哥にも喜んでもらいたいと、コンピュータ・テクノロジーを使い、ミッキーマウスとドナルドダックと一緒の写真を作り上げた。「悦榮軒」はまた、哥哥の誕生日の前日(11日)に、会議展覧中心で「哥哥に捧げる願い」と題した記念イベントを開催、哥哥の主演ドラマ「小小心願」と「遊侠張三豊」を上映する。


蝋人形を「程蝶衣」スタイルに

 9月9〜12日の4日間、文化中心展覧館では「覇王別姫芸術展」が開催され、哥哥の名作《覇王別姫》が再びファンの前にお目見えする。館内には古い京劇舞台を模したセットが組まれ、《覇王別姫》の舞台衣装、小道具や未公開のスチル写真などが展示される。展覧会にあわせ、香港マダムタッソー蝋人形館は哥哥の像を貸し出し、文化中心に展示される。像は黒いベルベットのマントの舞台衣装に着替え、《覇王別姫》の中の「程蝶衣」のスタイルでお目見えする。(うきゃぁぁ、楽しみです。)

 哥哥はよく南華會でバトミントンをしていたが、約4百人の哥哥ファンは、12日の夜、南華會のレストランを借りきり、20数テーブルの宴席を設け、別世界にいる偶像を祝う。12日が誕生日ではあるが、それより早い10日には、九龍展覧中心では3つの記念イベントが開催される。

(1)「追憶張國榮的芸術生命研究会」
(2)張國榮的水仙子」セミナー--《烈火青春》から《欲望の翼》までの様々なスタイルの哥哥を探求
(3)《盛世光陰》張國榮記念書展では、定価HK$138で販売、収益の一部を「香港児童癌病基金会」に寄付し、哥哥の事前を好む精神を受け継ぐ


 2年の歳月が経ったが、ある忠実なファンの哥哥への気持ちは変わることなく、自費出版で《永遠のスーパースター張國榮を記念する》アルバムを、哥哥を記念して誕生日の当日に発売する。このファンはジョーイ・ロー、彼は2年の歳月を費やし、哥哥のヒット曲《今生今世》、《追》、《有心人》に新たに歌詞をつけ、また自作曲を5曲創作したものを集め、CDを出し、彼の哥哥への尽きることのない思いを表現した。CDの収益は慈善団体へ寄付される予定。


フローレンス・チャンは歌を「借り」て亡き友人へ送る

 哥哥の元マネージャのフローレンス・チャンは、去年哥哥の命日に自らペンをとった曲《煙花[湯/火]》で亡き友を追悼したが、今年、フローレンスは再び、哥哥に歌を送ろうと考え、ジャッキー・チュンがアニタ・ムイと哥哥に書いた《給朋友》を気に入り、ジャッキーからこの歌の変更版権を得、作詞家に新たな歌詞を依頼した。しかし、フローレンスはニュー・バージョンの歌詞が気に入らず、自ら作詞することを決めた。彼女は電話インタビューで、「今私が自分で作詞してますが、まだ4分の1ほどしか書けてなくて、内容は夢で哥哥に会ったことを書いてますが、多分誕生日には間に合わないでしょう。」と語った。

 フローレンスによると、哥哥の誕生日は例年と同じく、哥哥の親友唐さんと過ごすだろうとのこと。


Naomi訳


今年も9月12日が来ますね。レスリってディズニー好きなの?ねー、誰かおせーてー! で、合成って。。。 ちょっと。。って思ったのは私だけかしらね。世界で一番のアイコン(レスリとミッキ)を 二つ並べるのは、あかんやろぉぉ。(Xiang)



2005.9.3 @michiyoさん
特報〜。號外〜。予想外〜!! クリス・ウォン氏 れすTを着る!・・・なぜかって?それはクリスが哥哥ファンだから

9/1〜9/4 まで香港演芸学院歌劇院にて舞台「白蛇、青蛇」に立っておられたクリス・ウォン(黄凱芹)!その彼の舞台を見に行かれたmichiyoさんが出会ったのは。。。縁起担ぎのために真っ赤なTシャツを着た氏でありました。そしてそのTシャツとは、我らがれすTだったのであります。うわーい。うれしい。このTシャツは昨年の夏にmichiyoさんとわたくしからクリスにプレゼントした物。

michiyoさんいわく、「リュック背負って 小学生みたい・・」 とのことですが、この方ってば・・・あ、わたくしが紹介するよりもmichiyoさんのサイトを見て頂きましょう。プロフィールはこちら

アマチュアじゃありません! かなりスターです!(元・ユニバーサル大プッシュ歌手(そのレコード会社も抜けちゃってどうするんだろ)! で、ちょっとユニークな人)

VIVA! クリス!  好多謝!〜

黄凱芹(クリス・ウォン)による自作自演のミュージカル「白蛇・青蛇」のオリジナルサウンドトラック。これまでに何度も映画化、舞台化されてきた「白蛇傳」をベースに、クリス自身が脚本を執筆し、ポケットマネーから100万香港ドルを投資。舞台コンセプトや衣装なども自ら手がけるという入魂の作品(Yesasiaより)


2005.8.21
レスリとアニタの「縁イ分」腕時計が発売されました。


このたび香港の九龍表行がレスリとアニタを記念して時計を発売しました。各2,980HK$ 限定200個生産。二つセットで買うとお得です。
文字盤がとにかく凝っていてステキ!値段もステキ

2005.8.6
今年のレスリお誕生週間は、日本でも”覇王別姫”の風が吹きます!

渋谷Bunkamuraオーチャードホールで行われる舞劇「覇王別姫」〜ある愛の伝説〜(上海東方青春舞踊団)の公演に合わせる形で映画「覇王別姫」が上映されます!期間は9/10〜約1週間を予定。レイトショー。

今年の912は香港でも「覇王別姫」の特別展示が開催されるが、期せずして日本でも、レスリーのバースデーWeekにこの作品を堪能できることに。

詳細:
2005年9月10日(土)〜18日(日)レイトショー20:50〜
渋谷・Bunkamuraル・シネマ

監督:チェン・カイコー
出演:レスリー・チャン コン・リー チャン・フォンイー
1993年/香港/172分
配給:アスミック・エース
料金:1200円均一

舞劇「覇王別姫」〜ある愛の伝説〜のチケットまたは半券ご提示で\200引き
舞劇「覇王別姫」〜ある愛の伝説〜(オーチャードホール)の詳細はこちら

この秋!東京で!


このたび、上海発の舞劇「覇王別姫」〜ある愛の伝説〜の公演(9月10日〜17日・Bunkamuraオーチャードホール)を記念して、Bunkamuraル・シネマにてチェン・カイコー監督の「さらば、わが愛 覇王別姫」の特別上映が決定いたしました。

この作品は、1993年、カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞を受賞。京劇「覇王別姫」に秘められた、女形とその相手役の愛憎劇を描いた名作で、いまは亡きレスリー・チャンが主演の蝶衣を演じていたことでも、今なお話題を呼び続けています。Bunkamuraル・シネマにて1994年に上映された当時、延べ912回の連続上映、43週にわたるロングラン大ヒットを記録。2005年には米TIME誌が選ぶ映画100にも選ばれています。

この9月は、映画とステージで中国の古典の名作「覇王別姫」をお楽しみいただけるような、複合文化施設Bunkamuraならではのコラボレーションが実現しました。どうぞご紹介いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

(Bunkamura ル・シネマ様より)

Xiangより:あのーー。この舞劇は私が香港でみた舞踏劇「覇王・別姫」 とは全く別もんです。
念のため



2005.7.18 @明報
華星推出阿梅哥哥郵品集

【明報報道】
キャピトル・レコードは創立35周年を記念して、アニタ・ムイと張國榮の記念スタンプセットを発売、ブック・フェアーで優先発売を行う。記念スタンプセットはどれも、全世界で3000セットという数量限定発売で、ミニ版(?)記念スタンプ、消印付き記念封筒2通、ポストカード、そして経歴を記した回顧小冊子一冊等が含まれる。

アニタと哥哥はそれぞれ、82年7月18日と77年5月16日の歌唱コンテストで芸能界入りを果たしたことから、キャピトルはこの2つの日付をそれぞれスター誕生の記念日と位置づけ、「香港の娘 アニタ・ムイ記念スタンプセット(香港女兒梅艷芳紀念郵品集)」と「伝説のスーパースター 張國榮記念スタンプセット(傳奇巨星張國榮紀念郵品集)」の消印はそれぞれ、7月18日と5月16日としたとのこと。

記者:唐嘉晞

+++
by Naomi速報


2005.7.7 @東方日報

レスリー&トニーがベストカップルに@韓国

 ウォン・カーワイが共同監督した《愛神》が韓国で上映中だが、当地ではその前に「ウォン・カーワイ作品で最も似合うカップル」というアンケートが行われ、《ブエノスアイレス》で共演した梁朝偉と張國榮が4割の得票率で首位に輝いた。このアンケートはネット上で行われ、合計785名分の投票があった。

 第二位は《花様年華》で共演の梁朝偉と張曼玉、第三位は《恋する惑星》の梁朝偉と王菲。サイトでは、《ブエノスアイレス》は同性愛がテーマで、上映時には大きな話題となっており、この作品の役柄が人々の心に残っていたためでは、と分析する。

+++

もし2,3位の組み合わせが一位なら、きっと香港じゃどこのニュースにも取り上げられてもらわれへんようなネタやんな、きっと。。(by Naomi)

同性愛っていうよりも、これは 純な恋愛カップルよね!きゅーんとくるわ。二人を見ていると。永遠にリビングでの二人の食事シーンを見ていたい・・♪(Xiang)


2005.6.20 @Yahoo!韓国

張国営がドラマに生き返える?KTV ドラマシティ
(なぜか、韓国サイトでは 国営・・・・なぜだー!) 直訳で、いってみよう!コリアン方面情報詳しい方募集(T_T)

非運の香港俳優 故 張国営(・・・國榮やっちゅうねん)を素材にしたドラマが放映予定されて話題だ.

来る 11月 KBS 'ドラマシティ'でギムギョングウックの同名小説を原作でたいてい ”張国営が死んだと?”(シナリオ イン・ヒョンジン, 演出キム・ジョンミン)を放送する事にしたこと.

'張国営が死んだと?'と言う張国営に対する夫夫他の思い出を持っている男女が張国営の死を接してお互いの痛い傷をかばって行く過程を描く.

主人公ギョングミン役には 'ご両親戦傷で'に長男に出演した長硯性, 女主人公手陳役は 2004年 KBS 延期対象単幕部門新人賞を受賞したキム・ミンズが出演する. スジンさん張国営と同一視する初恋役には新人ツェファンズンがキャスティングになった. 特にラジオ進行者の場合キム・チャンワンが特別出演して雪道をおよそだ.

++++++++++++++++

すいません。。。わかったような、わからないようなNEWSでした(翻訳機のせいで)。ちなみにこの「張國榮が死んだ?」は昨年韓国日報文学賞受賞作を受賞しているそうです。
韓国のNEWSを見ていると、レスリの名前がよく出てきますね。”最近撮影を開始したある映画での●◎は
まるで『覇王別姫』の張國榮のように美しい”・・・みたいな記事もありました。
 Xiang


2005.6.23 @山陽新聞 読者のページに掲載されました


投稿された光畑さんより:
 一般の読者に理解してもらいたいし、文字数制限あるし、でもれすりのことちゃんと伝えたいし、とにかく頑張ってみました。意気込んで投稿しながらいざ掲載されるとかなり赤面ものでしたけど(^^;)。地方紙とはいえかなりの部数が読まれますからドキドキでした。多分れすりのこと知らない人のほうが多いと思うし、知ってても誤解してる人もいるし、れすりのことちゃんと伝えたかったんです。普通は同窓会とか町内イベントとかの投稿がほとんどなのでかなり異色の記事なんですよ(^^;)

・・・とのことです。^-^  めちゃいい記事になっていますよ!お疲れ様!レスリーにも見えてるかなぁ^-^(つか、日本語読めるか?)。 いやぁ、サムそやね。。(Xiang)

ピンク・ミッション 怒濤の植樹当時のレポートはこちらです^-^


2005.6.13 @アップルデイリー

「思念」 - 谷徳昭(ヴィンセント・コッ)

 ある晩、家で写真を引っ張り出し、思い出していた 哥哥 − 張國榮のことを。

 『恋戦沖縄』の撮影で、哥哥と一緒に沖縄で過ごした。毎日一緒に仕事をして、一緒にご飯を食べて、一緒に街歩きをして。それはお互いをよく知るのに充分な時間で、遠慮がましい対応や、話題を探したりする必要もない間柄になり、話があれば話し、無ければ静かに沖縄の海風、ゴーヤチャンプルー、ソーキそばで楽しんだり、ビーチに座ってアイスを食べたり。

 良い環境の中、決まった時間に仕事をして、カメラに追い掛け回される事も無く、哥哥は特にリラックスしていた。我々は映画、音楽、旅行、食べ物、そして人について語った。哥哥が感慨を覚えていたのは、人の心が如何に醜くなりえるか?どうやったら他人を傷つけるのが楽しい事になるのか?そして、最後には、我々は一つの結論に達した。他人を傷つけるような人間は、自己中心的な人で、「カス入れ」みたいな人たちである、と。それ以後、話をしていても、腹が立つ人や事があると、私と哥哥は「『カス入れ』がいた!」って笑いながら言い合っていた。おかげで「カス入れ」な人がいても、言い争う事も無く、怒りも収まり、気分も良くなる。哥哥の笑顔を見られるのはとてもすばらしいことだった。

 ある夜、沖縄のホテルのコーヒーショップで、どうしてだったか忘れたが「I am what I am」この話題になった。哥哥は長いこと沈黙し、そして私に『我』という歌を思いついた、と言った。そして何週間も経った後、一緒にバトミントンをした時、私は兄弟子と長い試合を終えて、隅っこでタバコを一服していた。禁煙していた哥哥がやってきて、一本たばこを欲しいと言う。たばこはやめたんじゃなかったの?と聞くと、哥哥は笑って、私たちと一緒に二口ほど吸い、タバコをもみ消し、私たちの肩をポンポンと叩いて、バイバイを言った。そして、哥哥は去っていった。
 CDをかけると、哥哥の歌声が響く「I am what I am,我永遠都愛這樣的我……」


訳 by Naomi


谷徳昭(ヴィンセント・コッ):脚本家・俳優 レスリとは近年「恋戦、沖縄。」 「ダブルタップ」と、共演が続いた。 プロフィールはこちら。gethongkongに彼のインタビューがある。こちら 


タイトル付けるなら・・・こーかな?
「沖縄の夏」(Naomi)
「いつかの沖縄・・・哥哥がいた風景」(Xiang) いいエピソードね。ありがと。ヴィンセント!(呼び捨て)
 

2005.6.9 @朝鮮日報

「張國榮に激似」

新人崔煥俊がTVドラマの主役に新人俳優崔煥俊(漢字は音訳。26歳)は、容姿が張國榮に似ていることでTVドラマの主役に選ばれた。

彼は、11日放映予定のKBS1のTVドラマ『張國榮は死んだのか?』で張國榮を思わせる人物を演じる。このドラマはアジアに多くのファンを持つ香港のスター張國榮の自殺を題材にしており、彼は、李秀珍演じるラジオ局作家金敏洙の、初恋の相手を演じる。彼はドラマの中で張國榮に非常に良く似た雰囲気を振りまいている。製作グループは張國榮の憂いとやさしいイメージを重視し、張國榮の映画のシーンと崔煥俊の演じるシーンを交互にする形で編集した。


訳 by Naomi:レスリというより、空手か何かの選手に見えるのは、写真うつりのせい?

Xiang:もちろん、Naomiさんの意見に1票。しっかしまぁ、、「激似」・・って、、言い切ってくれているよね!よぉし、たしかめてやるっっっっ。(っって、ハングルでなんて名前なんだ?この人)


2005.6.7 @新華網
(香港電影總會副會長 張志成が、『七劍』の脚本家として後期製作の為に北京を訪れた際のインタビュー)

張國榮はバトミントンの名手

張志成(チェン・シーチン)の最近の監督作品は『怪獣學員』だが、彼は満足していない。「このコメディ作品は、クランクインの1週間前に、あの”911”事件が発生していて、あのような凄惨なシーンを見た後で、コメディを撮るなんて。こんな創作意欲の低い状態は翌年の4月まで続き、張國榮の自殺に大きなショックを受けた。」
張志成ははっきり言う「私は張國榮と映画では一緒になったことはないが、あのことがあった半年前、映画界の公益活動を通して知り合い、後には毎週のように一緒にバトミントンをしていた。彼は人に対しとても親和的で、あのようなことが起こる兆しは全く見せなかった。外部の人は知らないかもしれないが、張國榮はバトミントンがとても上手で、小さい頃は香港バトミントン青少年チームの代表になったこともある。しかし、香港のメディアは悪口にしか関心が無く、このような正面的なものには全く関心を示さないんだ。」


訳 by Naomi

2005.6.9
開催の梅田ガーデンシネマ 支配人の松本様よりコメントを頂きました。ありがとうございました^-^

レスリー・チャン メモリアル映画祭(大阪)を終えて

今回の「レスリー・チャン メモリアル映画祭」では多くの関西のレスリーファンの方々に支えていただき、無事興行を成功させて頂くことができましたことを心より感謝申し上げます。対東京比率を考慮しても、この度の大阪の動員はすばらしい数字であったと思います。また今回は、おりしも韓流ブーム吹き荒れる中での上映でしたが、そんな中、変わらぬレスリーへの熱い想いを胸に、連日多くのファンの方が劇場へ足をお運びくださる姿には、スタッフ一同、思わず頭が下がる思いでした。本当にありがとうございました。

梅田ガーデンシネマ 松本藤子


毎度”展示させてください”というお願いを快く聞いてくださり、また、スタッフの皆様の心地よい待遇に本当に感謝してます。”いい映画館” と素直に感じられます。ありがとうございました!(LLスタッフ一同より)


2005.6.7
Red Mission Japanが ブログ開設

このほど、最新情報更新作業の簡易化を計るため RMJスタッフ全てが編集できるブログを導入することになりました。これによって、編集者が専任で作業しなくとも最新記事をアップできることになります。また、コメントやトラックバックも受付可能のため、会員の皆様にとってはよりOPENなスペースとなることを望んでいます。

(携帯からも見られます)
http://blog.redmission.jp/

2005.5.26 @明報 から

張國榮 張曼玉膺最愛男女演員(中国映画100年投票)
〜レスリー・チャンとマギー・チャンが最も愛される俳優・女優に!〜


地元企業ヘンダーソン・ランド・デベロプメントと、香港フェリー・ホールディングスが共同主催した「ヘンダーソン・アートリーチ中国映画100年」で、映画、監督、男女優ベスト10を選ぶ人気投票は、3週間で2万5千票を越す投票があり、昨日投票結果が発表された。監督のトップはジョン・ウー、俳優では、故レスリー・チャンとマギー・チャンが首位を獲得した。

@成報 から
 3週間のネット投票及びUAシネマとヘンダーソン・ショッピングアーケードでの投票紙による投票で、その投票結果が昨日ヘンダーソン・ランド・デベロプメントの副主席・李家傑、プロパティー・プランニング部門ジェネラル・マネージャ・劉智強、香港アカデミー賞代表等により発表され、同時に、今回の投票をした市民への抽選も行われた。

『覇王別姫』が首位に
 トップ10作品の順位は、『さらばわが愛・覇王別姫』、『欲望の翼』、『男たちの挽歌』、『インファナル・アフェア』、『ブエノスアイレス』、『ルージュ』、『ラブソング』、『少林サッカー』、『梁山泊と祝英台』そして『誰かがあなたを愛してる/秋天的童話』。監督で選ばれたジョン・ウーは、他の、ウォン・カーワイ、バリー・ウォン、アン・リー、ジョニー・トーなどの中でも特出しており、男女優の張國榮とマギー・チャンも、ジャッキー・チェン、ブルース・リー、ジェット・リー、チャウ・シンチー、チョウ・ユンファや、白雪仙、任劍輝、阮玲玉、ブリジット・リン、林黛等様々な年代のスターを圧した。

名作10作品は6月中旬に再映

 今回の総得票数は25,390票で、そのうち4,501票は無効票、よって有効投票数は20,829票。主催側はこの投票に満足しており、李家傑は、中国映画がどのように引き継がれてきたかを見、今後100年の映画の進む方向をを考えることが、今回自分達が投票を実施した目的であると語った。主催側は、6月16日に授賞式、ならびにトップ10作品の再映を開催予定で、上映回数はチケットの販売状況により決定。林旭華はヘンダーソンは今回の実施に際して収益は全くなく、チケット収入は慣例どおり映画会社と映画館に入ることになることを強調。また今回のイベント開催は、純粋にヘンダーソンが今年度の香港アカデミー賞授賞式でテーマ「中国100年映画」のスポンサーになっていたことによるものであり、受賞作品が再度一般上映されることを希望するものだと語った。

訳 by Naomi

むむむ!!6月香港へ行かれる方、要チェックです!(Xiang)


2005.5.23
米TIME誌が選ぶ映画100  に「覇王別姫」が!コリスさーん、ありがとーん♪

国際的にもメジャーな米国の雑誌『TIME』が、このほど”史上に残る映画作品100選”を発表。ハリウッド映画の他にも中国語や日本の作品も選ばれています。われらが『霸王別姫』(チェン・カイコー・カンヌパルムドール受賞)はもちろん☆☆、他に『恋する惑星』(ウォン・カーワイ)、『酔拳2』(ジャッキー・チェン、ラウ・カーリョン)『[イ夾]女』(ウー・ガムチュン)、陳凱歌(チェン・カイコウ)がも入賞しています。黒沢明の『用心棒』や、小津安二郎の『東京物語』他日本の監督作品も入っています。
click


2005.5.8
レスリー・チャンメモリアル映画祭 大阪速報

大阪での”レスリー・チャンメモリアル映画祭”がいよいよスタートしました。この大型連休の最終の土日と重なり、天候も良く、初日モーニング(「キラーウルフ白髪魔女傳」)は座席も6割強ほど埋まっていました。111席あるホールだからまずまず?ポスターもがんがん売れまくっていて、”レスリファンの金離れの良さ” には以前以後もないのがすごいね。北京からの留学生のファンが展示物やポスターなどの写真を熱心に撮影していた光景が印象的でした。

二日目(「ハッピーブラザー 家有喜事」)は、10時前に会場に着くと列が!他の映画のお客さんも居たでしょうが・・・圧倒的にレスリ映画目的の方が多く、ざっと70名強の入りだったかと。作品は言わずとしれた名作中の名作(迷作?) レスリーのオカマちゃんぶりが”よっ はまり役っ”とのかけ声も飛びそうな「家有喜事」。最初から最後まで笑ったり、”きゃぁぁ かわゆいぃ”と思わず声が漏れそうになったりと、非常楽しく鑑賞。大きな画面で観ると笑いも倍増。笑いすぎて泣いているヒトも約1名(私の隣のヒト)。
レイトショーの入りにも期待


 平日のレイトショーの割にはまずまずの入りが続く。わたくしXiangが行ったのは火曜日の「歌って恋して(九星報喜)」。水曜日「幸せはイブの夜に(大富之家)」、金曜日「流星」はいずれも70越えの入りで男性やご夫婦の姿もちらほら。どの回も上映後は拍手が起き(残念ながら日本では満場の拍手ではないんですが・・。これが香港だったら拍手の嵐なのになぁ)、レスリをスクリーンで見られることのうれしさと、レスリへの賛美の気持ちが溢れているように思えた。展示物も少しずつ増え、以後も管理しているLLっこが誰か来るたびに何か貼り付けていくと思われる^-^; アレンジフラワーで囲まれたレスリ。チラシの減りも好調。Tさん、puppyさん お花ありがとうございます^-^!





2005.4.13
出版と購入方法のご案内
 ロス在住の映画ライターである鉄屋彰子さんが本を出版されました。内容は(ブリジット・リン)本人とのインタビューやブリジットの友人たちのインタビューなどを通して彼女がいかに「最後のスター女優」であるかを紐解くものとなっているようです。その中にレスリーへのインタビューとブリジット・リンとのツーショットphotoも収録されています。レスリーのは貴重な英語インタビュー採録です!

『The Last Star of The East 〜 ブリジット・リンとその出演映画』(全文英文です)
 著者:鉄屋彰子
Book size: A5、(8 1/2 x 5 3/4)、244ページ、16 color photo pages
ISBN: 0-9764871-2-8 US$35.00 Officially on sale May 3, 2005

・オフィシャルページ(英語のみ)

 鉄屋さんのご厚意で、定価が35ドルのところ、日本の方へ、ということで1冊3000円でおわけ頂けることになりました。”レスリー・ファンおよび香港映画ファンにこの本のことをご紹介いただけることは、願ってもないことです。”とコメントを頂いています。

 海外発送になりますので、送料が気になるところですが2冊まとめて買って頂くと送料分として500円(1冊の場合でも同額)でいけるそうですので、お友達と一緒に買われるとお得かと思います。

 例:1冊購入の場合
  3000円 + 500円(送料) = 3500円

   2冊購入の場合
  6000円 + 500円(送料) = 6500円

  ※これ以上のオーダーの場合の送料は鉄屋さんにおたずねくださいませ。

決済方法など詳細はメールで鉄屋さんまでおたずねください。brigittefan88@hotmail.comです。
”LLより紹介を受けました”と一筆書き添えて頂ければと思います^-^
 


2005.4.4 @各紙 タイトルのみ拾いました

200 Fans探索哥哥藝術生命(4月4日@太陽報)
唐鶴コ念摯愛 足不出戸張國榮逝世兩周年情不滅(4月2日@明報)
中日韓哥迷憑弔 文華外變花海(4月2日@明報)
電影放映會料籌10萬(4月2日@明報)
百束白王瑰伴哥哥蝋像(4月2日@明報)
毛舜忘卻傷感 拒參加紀念活動(4月2日@明報)
北京哥迷選播電影悼念(4月2日@明報)
3000「哥迷」追憶張國榮(4月2日@明報)
張國榮逝世兩周年 歌迷逼爆遮打花園灑涙悼念(4月2日@成報)
數千fans涙眼花海悼哥哥(4月2日@東方日報)
張國榮不孤獨(4月2日@香港文匯報)
海内外歌迷昨齊悼「哥哥」(4月2日@大公報)
「哥哥」經典電影回顧歌迷籌得十萬善款(4月2日@大公報)
2年了…追思哥哥 粉絲還是涙漣漣(4月2日@中時電子報)
忌辰兩周年七站式悼念 二千哥迷遮打花園高唱愛哥(4月2日@太陽報)
張國榮逝世兩周年fans永懷念(4月1日@東方日報)



2005年9月12日 香港にて『覇王別姫』特別展





HOMEmail to WEBMASTERREAD MEレスリーバナー活動

    Copyright © 2000-2005 forLeslieLovers.net.