レスリー・チャンのプロフィール


中文名 : 張國榮(広東語で ちょん・おっ・うぃん)
張国栄(マンダリンで ちゃん・ぐぉ・ろん)
韓国語で  (チャン・クギョン)
日本名 : レスリー・チャン(現在はこれが一番メジャー)、他にレスリー・チョン(古くからの専門誌などではこう。これが発音に一番近い)、レスリー・チェン(ごく一部)
英文名 : Leslie Cheung Kwok Wing
ニックネーム : 哥哥(gorgor→コーコー。アクセントは後ろ。兄ちゃんの意味)
なんと呼ぶ? <一般的>レスリー・れすり・レスリ・れすりぃ
<LLスペシャル>國、くに、こっくん、くにちゃん、れしり、出雲のおくに、北の國れす様、張氏、ボク、御大
生年月日/
星座/血液型 :
1956年9月12日 乙女座 O型 173cmくらい?
(身長については公なプロフィールを見ると175cmだが、172〜173cmのラインが濃厚)
好きな人 : チョウ・ユンファ、マドンナ
怖いもの : 飛行機、高所恐怖症で、閉所恐怖症。
好きなところ : アゴ(晩年運があるからだとな)
嫌いなところ: 左目(疲れると3重になるからだとな)
(短いからだとな)
性格 : 気が変わりやすい、そうです・・・
特性など : 仕事中毒、早口、気が利くしきりやさん
寝付き、寝起き共にいいらしい
ご職業: 俳優・歌手・作曲家・プロデューサー
一言で言うと アーティスト
下記年表をみていただいてもおわかりのように、彼はもともと歌手としてデビュー。他の香港の明星がそうであるように、歌手兼俳優として数々の作品を残しています。その精力的な活動は1989年の衝撃の引退で一旦閉じられたものの、俳優として復帰。その後再びステージにカムバック。97年、2000年のすべてにおいて完成度の高いコンサートはどれも素晴らしいものです。以後映画出演作品は昔に比べると少ないですが、作品一つ一つを大事にされ、制作側にも参加されています。監督としては『色情男女』や、短編映画『煙飛煙滅』、ご自分のMTVや、アニタ・ムイのMTVも手がけています。
来日軌跡: Leslie in Japanこちら

1956年
0歳
香港に10人兄弟の末っ子として生まれる
1976年
20歳
留学先のイギリスより帰国
1977年
21歳
RTV主催の歌のコンテストで入賞
映 画
あなたのお気に入りはどれ?
音 楽
あなたのコレクションはどれ?
主な来日、他
<アイドル時代>
1977年
21歳
「I Like Dreamin'」
幻のデビューアルバム
1978年
22歳
「紅樓春上春」 「狗狡狗骨」    
1979年
23歳
  「情人箭」  
1980年
24歳
「喝采」    
1981年
25歳
「失業生」  
1982年
26歳
「檸檬可樂」 「衝撃廿一」 「烈火青春」
「楊過與小龍女」
 
1983年
27歳
「鼓手」 「第一次」 「一片痴」  「風繼續吹」
1984年
28歳
「縁[イ分]」 「三文治」 「聖誕快楽」 「張國榮 Leslie」
「MONICA」で<十大中文金曲>初登場。以後'88年まで連続受賞!
1985年
29歳
「龍鳳智多星」 「求愛反斗星」 
「為[イ尓]鍾情」
「夏日精選 全頼有[イ尓]」 「為イ尓鍾情」 「東京音楽祭」の香港代表として初来日
1986年
30歳
「偶然」 「英雄本色(男たちの挽歌)」 「Stand Up」 「張國榮」 12月から翌年1月にかけて香港コロシアムにてコンサート
1987年
31歳
「倩女幽魂(チャイニーズ・ゴースト・ストーリー)」 
「英雄本色2(男たちの挽歌2)」
「Summer Romance」
この年のベストセールスアルバム
6月「東京音楽祭」に出席
11月カナダで「不眠」コンサート
1988年
32歳
「[月因]脂扣(ルージュ)」「殺之戀」
「龍之家族」
「Virgin Snow」 「Hot Summer」
アイドル絶頂期
1989年
33歳
「新最佳拍档(悪漢探偵5)」 「情歌集 情難再續」 
「勁歌集」 「Leslie」 「Salute」 
「Final Encounter」
歌手引退宣言
5月「東京音楽祭」に参加
<充実期・一皮むけて蝶になる>
1990年
34歳
「倩女幽魂2之人間道(チャイニーズ・ゴースト・ストーリー2)」 
「阿飛正傳(欲望の翼)」
初の金像奬 最優秀主演男優受賞
「Dreaming」  
1991年
35歳
「縦横四海(狼たちの絆)」 「豪門夜宴」    
1992年
36歳
「家有[喜喜]事」 「藍江傳之反飛組風雲」 「浪漫」 「經典金曲精選 Leslie Ultimate」
カナダへ移住
・・・がまもなく帰国~_~; 
 
1993年
37歳
「覇王別姫(さらばわが愛・覇王別姫)」 
カンヌ映画祭で大賞受賞
「花田[喜喜]事」 
「射周易英雄傳之東成西就(大英雄)」 
「白髪魔女傳(キラーウルフ 白髪魔女伝)」
「白髪魔女2(白髪魔女伝2)」
9月:「さらばわが愛」のプロモ&東京国際映画祭の審査員
1994年
38歳
「大富之家」 
「金枝玉葉(君さえいれば 金枝玉葉)」 
「錦繍前程(レスリー・チャンの恋はあせらず)」
「記得香蕉成熟時U 初戀情人」
「東邪西毒(楽園の瑕)」
香港電影評論家協会主演男優賞
「狂戀」  
1995年
39歳
「金玉満堂(金玉満堂 決戦!炎の料理人)」 
「夜半歌聲(夜半歌聲 逢いたくて、逢えなくて)」 
「寵愛」 「Leslie 17首至尊精選」 
「愛慕」 「所有」
9月:東京国際映画祭 「金枝玉葉」舞台挨拶
1996年
40歳
「大三元(恋する天使)」 「風月(花の影)」 「新上海灘(上海グランド)」 
「色情男女(夢翔る人 色情男女)」 
「金枝玉葉2(ボクらはいつも恋してる!)」
「為[女尓]鍾情」 「英雄本色」 「紅」 
「哥哥的前半生」
歌手復帰宣言〜新生れすり誕生〜復帰第1弾は【紅】
12月
♪跨越'97演唱會
(香港コロシアム)
1997年
41歳
「春光乍洩(ブエノスアイレス)」
カンヌ映画祭でW・カーワイが監督賞受賞
「家有[喜喜]事・1997」
「跨越97演唱會」 ♪跨越'97演唱會
1月日本公演
6月日本リターンツアー
<アーティスト時代・まさに職人百面相時代>
1998年
42歳
「九星報喜」 
「アンナ・マデリーナ」(特別出演)
「紅色戀人(追憶の上海)」
「光榮歳月」 「這些年來」 「Primtemps」
「Gift」 「LESLIE CD+VCD」
4月:「GIFT」と「上海グランド」のプロモ、新宿HMV トーク&握手会
1999年
43歳
「星月童話(もういちど逢いたくて)」 
「流星語(流星)」
「The Best of Leslie Cheung」
「陪イ尓倒数」
4月:写真集「Leslie」千人サイン会@有楽町
8月:オーガスト・イン・ヒロシマ
2000年
44歳
「鎗王(ダブルタップ)」 
「戀戦沖縄(恋戦。OKINAWA Rendez-vous)」
「張國榮 國・日・英最佳精選」 
「UNTITLED」 「永遠張國榮」 
「DCS聲選集」 「大熱」
「張國榮熱情演唱會」
「煙飛煙滅」(監督)
♪熱情演唱會
(香港コロシアム8月1〜10日)
10月:香港映画祭で来日
♪熱情演唱會
12月
2001年
45歳
10月「幽霊日記」クランクイン
   「ユニコーン・ハント」撮影予定
   (注:お蔵入りになりました)
「FOREVER」
「Dear Leslie」(ベスト盤)
♪熱情演唱會
1月:日本リターンツアー
・香港コロシアムグランドファイナル 4/11〜4/16
6月:恋戦記者会見
9/29.30 大阪&東京にて写真集のサイン会
2002年
46歳
「幽霊日記」 → 「異度空間」 に変更

3/28〜 香港にて 「異度空間」 公開

6月より休養期間に。

9月の誕生日を境に、再び公の場に登場
現在レコーディング中・・だとか。 
環球の「同歩過冬」に参加

アンソニーウォンとのコラボレーションアルバム[crossover] が7月にリリース

環球非聴不可VOL01に「ノアの方舟」収録
3月23日 「異度空間」プレミア試写会イベント(於 香港)

第39回台湾金馬獎
主演男優賞ノミネート

11月13日 明報演藝大奨受賞
2003年 1月17日 第25回十大中文金曲出席

2月「異度空間(カルマ)」日本公開

2月の旧正月以降はレコーディング中と伝えられている。

3月8日 ペプシチャリティコンサートOPENINGに出席。

4月1日 享年46歳にて逝去

「張國榮好精選(SACD Hybrid) 」

「滾石香港黄金十年:張國榮電影名曲精選 」
1月17日
第25回十大中文金曲金曲銀禧榮譽大獎を受賞
2003年4月以降
【詳細はこちらをご覧ください】

森珪さんによるプロフィール


レスリー@Wikipedia

2003年4月のNEWSなど

4月以降のファンたちの活動
「一切随風」(7月) 第22回香港金像獎主演男優賞ノミネート(4月)

2003年6月 中国20世紀十大文化偶像にフェイ・ウォンと共に芸能人としては唯一選ばれる

代表曲である「我」が、「網民至愛的中文歌曲(インターネットで選ぶ最もすばらしい中国語曲)」第1位に。
2004年4月 第23回香港電影金像奨にて、「演藝光輝永恆大奨」並びに「専業精神大奨」が与えられる
2005年5月 米TIME誌が選ぶ映画100  に「覇王別姫」が選ばれた
2005年5月 「ヘンダーソン・アートリーチ中国映画100年」で、映画、監督、男女優ベスト10を選ぶ人気投票にて監督のトップはジョン・ウー、俳優では、レスリー・チャンとマギー・チャンが首位を獲得。また、同十大最愛電影にて、『さらばわが愛・覇王別姫』、『欲望の翼』、『男たちの挽歌』、『ブエノスアイレス』、『ルージュ』が入選。授賞式は6/16金鐘UAにて行われた


Thanx えるえる・オールスターズ