トップこのサイトレスリー・チャン音楽的箱電影的箱資料的箱交流中心ニュースログ写真的箱イベントLink的箱 | store*
TOP資料倉庫>東方新地英訳 2000年10月
☆おしゃしん

東方新地英訳 by Susanna and 和訳 ケーマ

「今日の東方新地に掲載されたレスリー」 投稿者:スザンナ 投稿日:2001/10/21(日)02:28
No.1360

レスリーの写真付き5ページのインタビューがあります。できるなら「東方新地」を買いに行って下さい。
レスリーはとてもたくさん話しましたが、いくつか簡単に要点だけをご紹介します。


1. 僕(レスリー)はどんなことでも優秀だなんて決して思っていない。ただ僕の仕事にとても夢中になったし、僕の仕事が大好きなんだ。僕は幸運だった。沢山祝福してもらい、いつも自分自身でとても高い基準を持っていた。

2. 今、悪質なメディアの間違った名誉を傷つける「報道」に対して、僕はちょっと悲しくなるけど前よりはずっと平静だよ。何度も何度も繰り返される同じ話題(レスリーは唐氏との関係について言ってると私は思う)のせいで、いくつかの僕の作品を売る場所が破滅し消えてしまった。僕が一番苦しかったのは、97年コンサートで「月亮代表我的心」を歌った時だった。メディアは僕の言ったことを載せた。そのとてもゆがめられた報道の為に、幾つかの僕の作品を売る場所がつぶされてしまった。

3. 911事件で財政分野の沢山のトップ才能者達が死んでしまった。それなのに、今なぜお互いに傷つけ続けるのか? 僕は日本で幾つかプロモーションをした時とても感動した。日本人チームのスタッフは「どうして香港メディアはあなたを特異な人として取り扱うのか?」と尋ねに来た。そして彼らと「ダブルタップ」や「欲望の翼」の台詞や映像について、とても細かいことまで話し合うことさえできた。香港メディアが女優の胸がどんなに大きいかとか、彼女のブラは何カップ等などについてしか話していない時にだよ。今、僕はめったに香港でメディアのインタビューを受けない。だって最終結果はいつも同じだもの。ちっとも楽しくなんかない!(レスリーはゆがめられた報道について話していると私は思う)

4. 今、僕は香港の悪質なメディアが作り出す問題や損害について、悩まないでいることはそんなに難しくない。ただリラックスして、僕の回りの人達のことを考えるんだ。他人を傷つけず、僕の家族や友達や僕と一緒に働いている人達が僕を熱愛してくれる限り、僕は幸せだし、他人がどう言おうと気にしない。

5. (唐氏と手をつないだ写真の載った)「突然週間」をレスリーが受け取った時、レスリーは「おぉ、美しい。まるでポスターみたいだ」と言った。(まぁ、私はどんなにこのコメントが好きか。ちょうど私が思ってたこと! 甘くて優しい)レスリーは話した。「僕はちょっと酔ってた。それで僕の友達が手を取りにきて、さぁ行こうって言ったんだよ」煙草については、アドミラティシネマの劇場チケットなんだ。煙草の形に折りたたんで指でもて遊んでいたのさ。もう何年も煙草を吸っていない。メディアは君を少し非難するだけじゃ満足せず、君が完全にまいって死んでしまうまで二重に非難したいんだ。僕は全然気にしていない。僕にとってはポスターみたいなものさ。僕は帰宅し悩みもせずに眠った。デボラ(ニコラスツェーの母)は一度言ったことがある。「死んでしまうより最悪なことが何かある?」死ぬより最悪なことなんか何もないさ。みんな生活スタイルは違う。もし君が僕の生き方を受け入れられないなら、とても残念だ。みんな一度しか生きられない。僕達がこの世に生きている間は、お互いにきちんと真心を持って接するべきだ。初めて僕が卑劣なメディアから不当に扱われ、真実をゆがめられた時は、本当に怖かったし悩んだよ。時が流れ、名誉を傷つけるニュースが消えていくにつれ、僕は「もう大丈夫さ。次は何だい?」と思うようになった。僕は決して誰かを傷つけたことはなかった。僕のプライベートな生活に侵入してきたのは、いつもメディアさ。メディアが僕の心や毎日の生活に侵入するのを避けようとすることしかできなかった。メディアが僕の念入りな物語を作り出したいのなら、僕には止めさせることなどできない。

6. 今や僕のプライベートな生活はいつも公衆の目に触れるようになっている。けれども、写真の中の「煙草」や、書かれた投資リストのように、沢山の作り話は本当じゃなかった。僕は決して財産について話したりしない。僕は浪費家ではない。時々クリスマスパーティや仲間達を招待した夕食でお金を使うが、破産してしまうほど使いはしない。だから、僕は幾らかの貯金を持っていると言える。人生は短い。僕は一緒に働いている人達と楽しい時間を過ごしたい。僕は仕事に行くのにベンツやポルシェなど決して必要じゃない。だけど、もし君が仕事に行くのに僕を拾っていきたいのなら、荷物用バンを使わないで欲しい。僕は荷物じゃないんだ。(つまり、僕を人間として尊敬して下さいということ。なんと痛々しいレスリーの言葉でしょうか)僕はモンコクで働いている時に、ペニンシュラホテルへ僕の昼食を買いに行って欲しいとスタッフに決して頼まない。僕は他のスタッフが食べるのと同じ物を食べる。僕は僕のバッグを持って一人で仕事に迷わずに行ける。(タフなレスリーだと私達はよく知っている)

7. 僕は今健康的な生活を送っている。早く寝て早く起きる、運動したりバトミントンをしてる。もし君が僕に今生活の心配はないのかと聞けば、あぁ心配ないよと答えられる。でも、僕がショービジネスに戻った後だから、心配ないんだ。十数年前僕が引退した時、僕の財産で一生、生活していけると思った。でも、実際は香港で生活するには足らなかった。その時は、僕のお金でカナダでかなり裕福な生活ができるつもりだった。幸わせな心で暮らすことが、使うお金が沢山ある生活よりも重要だと思っていた。僕はデフレで通貨が引き締めるられるなんて決して思わなかった。もし君がニコラスツェーかセシリアチャンに尋ねに行くなら、彼らが30歳になる時ショービジネスから引退したいと言うだろう。君が心から笑えなかった時や、他人が君の為に用意した台詞を暗誦しなきゃならない時、君は元気がなくなってしまうだろう。僕が心から何か言った時、僕の回りの人達はやって来て、「こんなことを言うなんてどこが具合が悪いのかい?」「何か言い足りないのかい?」と言うだろう。上手く言えないけど、僕はただ自分の心に誠実でありたいだけなんだ。僕の性格だよ!僕は変わったと言われた。でも、僕はもっと幸せに生きたいと思うようになっただけなんだ。僕は引退した前、お金を稼げたけど幸せじゃなかったし、ものすごくプレッシャーを感じてたし、あまりに多くの間違った非難をされた。僕はいつも言っていた。アーティストだから、僕のパフォーマンスを売るだけだ。僕の身体を売ってるんじゃないんだと。

8. みんな愛については違う見方を持っている。僕は僕の家族や友人に対して親切だと思っている。一度君が僕の友達になれば、君は僕の永遠の友達さ。しかし、もし僕の「友達」が僕を裏切ったら、悲しいだろう。今僕は他人との社会的な関係が重要だと思っている。僕はパパラッチを怖がっているだろうか? いいや、僕は怖くない。君がどこに住んでいようと、パパラッチが君を追いかけることなんていつも簡単なんだ。ただ、僕のせいで僕の友達がわずらわされることだけが困るんだ。そのことで、僕はいつも彼らにすまないと思っている。


終わり
-------------------------------------------------------
(ここからはスザンナの言葉)

ごめんなさい、とても長い訳になってしまって。最初はこんなつもりじゃなかったの。でも、英訳しながら、止めれなかったわ。レスリーのお話がとても素晴らしいので、短くすることなんてできなかったの。これが私が何年も知っているレスリーそのものよ。レスリーが自分の気持ちが話すことは良いことよ。私はあなた達ファンのみんながこの記事を読んで、レスリーの心を知って欲しいと思っているの。

レスリーはこんな悪質な報道をされても生きていけると何度も言ってるけど、ここ何年間もレスリーは傷ついたと感じているんだから、私の心はまだ痛むわ。

香港から愛をこめて
スザンナ













HOMEmail to WEBMASTERREAD MEレスリーバナー活動

    Copyright © 2000-2006 forLeslieLovers.net.