レスリー・チャン入門講座音楽的箱電影的箱資料的箱ニュースログ写真的箱Link的箱 | ファンコラム
TOP電影的箱覇王別姫
forleslielovers内検索 WWWを検索


覇王別姫

タイトル 原題 公開年 監督 ビデオ 日本公開
さらば、わが愛 覇王別姫 1993 チェン・カイコー 1994
【STORY】 解説 by まぁむ
 
何故、男の性(さが)に生まれ、男を愛してしまったのか・・・人間としての愛。

母を恨むまい、時代を拒むまい、時を嘆くまい。
たった一つの情が波間に揺れて、思うがままに辿り着くと信じて・・・

 寒い朝、母に連れられて、運命の門をくぐった。母との惜別。
清らかな鮮血、流す涙、声にならない悲しみ。幼い心が潰れた。

 京劇の世界。
理不尽な厳しさの中、従順に習練を重ね、小さな愛を見つけた。
兄弟子、小頭。心許せる、唯一無二の存在。
やがて、お披露目の日、大人の享楽に性を否定され、精神の境が見えなくなる。

 成人したふたり、小頭「段 小樓」、小豆「程 蝶衣」。
花形役者として、もてはやされ生涯の舞台を演じ始める。
「覇王別姫」・・・・・四面楚歌の語源になった楚王と虞姫の悲恋。立ち振る舞い、四肢の所作、目の配り、かもし出す妖艶な色香。すべては、楚王 小樓に捧げる真実の愛が隠されている。

どんな貢物よりも、欲しいものはただ一つ、兄との永遠の舞台。

 兄は、世間並みの恋愛を好み、女の思惑通り、楼閣での狂言の末、菊仙を妻に娶る。弟は、今生にただ一筋の生命線を絶たれ、精神世界へと身を崩す。快楽を求める者に身を委ね、覚醒を恐れアヘンを吸い、現世に背を向けてゆく。
 兄の婚礼の晩、性の目覚めを見た象徴、刀剣を手に入れ、わずかな望みを抱き、その胸に抱えて現れる。兄は、微塵も思い出さず、一笑し、幸せを誇示する。「この刀があれば、楚王は漢王を殺し、“お前”を妃に迎えたのに。」

 蝶衣の悲嘆、壁に掛かるふたりで写した写真が哀しげに見つめている。「これからは、別々に生きよう。」と、自ら別離を言い渡す弟、蝶衣。

 日本軍侵略、兄が捕まり、要請で出かけ、舞を舞う。根底にくすぶる兄への思い。売国奴と罵られ、どこまでも報われず、ますます悲しみに身を切る。
 変革の波に晒され、時代の流れに翻弄されて生き長らえてみたものは・・・・
若者達の追求に、すべて明らかにされた生き様、お互いの醜悪な言葉が、お互いを追い詰める。菊仙も結局は、愛されてはいなかったのか、悪魔の声に身を任せ、命を絶つ。婚礼衣装に身を包み、紅の記憶の中で・・・・・蝶衣の絶叫が木霊する。

 あれから11年、再会。楚王と虞姫。老いても尚、美しく妖しく儚い姿がそこにある。
行き絶え絶えの台詞に、肩を寄せ合って生きていたあの頃を思い出し、微笑む蝶衣。小樓は、道化て見せる。「また間違えたな。」溢れ出る極上の笑み。
 これこそが望んでいたもの、小豆と小頭に戻る瞬間に、愛の彷徨が終わりを告げる。

     「女ではない
           男として生を受けた
                 ・・・・女では、ない」

いにしえの刀剣に身を委ね、成就とともに自らを絶つ。これから先は、必要のない人生。
蝶衣、永遠の虞姫。狂おしく身を焦がす情念が事切れて昇天する、幸福という名の幻影。


来たページへ戻る









HOMEmail to WEBMASTERレスリーバナー

    Copyright © 2000-2008 forLeslieLovers.net.