レスリー・チャン入門講座音楽的箱電影的箱資料的箱ニュースログ写真的箱Link的箱 | ファンコラム
TOP電影的箱ブエノスアイレス
forleslielovers内検索 WWWを検索


ブエノスアイレス

タイトル 原題 公開年 監督 ビデオ
DVD
日本公開
ブエノスアイレス 春光乍洩 1996 W・カーワイ 1998
【STORY】 解説 by まぁむ

          「返さない・・・・・」

遠い果て、不安な愛を胸に、パスポートひとつ。

無国籍、陽気で物悲しい国、アルゼンチン。
異邦人を無言で受け入れる、空虚な空。

ホテルの一室で、ふたりの男が寡黙に見つめ合い、ただ一筋の灯りが、スタンドから漏れる。陰影が照らす、思いの誤差。一点の交わりにすがる、ふたり。
呪文が繰り返される、甘く切ない言葉。艶やかな瞳を添えて。

ふたりの彷徨、広大な大地を割る、一本の道。
希望か、惰性か、確かにそこにはふたり連れ立っているはず。心の方向を見失い、離れ行くファイと、ウィン。

日々が流れ、生活が押し寄せ、当てもなく暮らすファイの前に、かつての恋人が現れる。それは、多数の男達に紛れ、寄り添い、くちづけてへつらう愛女の姿をした、ウィン。

タンゴの調べが切ない。衝撃の再会に憤りを感じ、わびしい食事をしながら、帰って行く車を呆然と見送る男。
車に乗り込み、当然の様に薄ら笑いを浮かべ、振り返る男。幾度も通い、その度違う相手を見せに来る。当て付けなのか、気を引くためか、ファイを苦しめて、追い詰めるウィンの真意・・・


ドアが開き、ファイに唇を求め、拒否され、ベッドで道化るウィンに不条理を叩きつけ、自分でも決めかねている心情に腹を立て、ボトルを部屋の片隅に投げつけるファイ。
「逢いたかった・・・・・・嘘じゃない」
うずくまり、泣きながら答える真実。
ウィンの心に、ファイの言葉が突き刺さり、盗んだ高価な時計を渡航費代わりに手渡した。しかし、そのために制裁を受け、取り戻すため再びファイの前に現れる。かたくなに拒み続けるファイ、襟を立て、ひとりバスに乗り、帰って行くウィン。

突然、ドアをけたたましく叩く音が、アパート中に響く。
ドアを引く。そこには、額から血を流し、両手を潰されたウィンが立っていた。倒れこむようにすがり、すすり泣き、ファイの胸に飛び込んだ。ファイは、背中を抱きしめ、ウィンの頬を首筋に感じ、眉間にしわ寄せ受け入れる。病院のベンチで、言葉もなくふたり放心する。
やがて、また呪文が聞こえる。

「やり直そう」

暗黙の中、帰りのタクシーで鮮やかに彩りを取り戻すふたり。一本の煙草、寄り添う影。

また苦しい日々が始まるのか、ファイは無造作にウィンの体を拭き、べッドに寝かせ、黙ってパスポートを抜き取る。生きる張り合いが出来たように、仕事にも変化が起き、ファイは幸せを感じていた。“俺だけが、あいつを満たしてやれる。俺だけが・・・・・”

言いたい放題の同居人に、言われるまま世話をし、毎日が楽しかった。ウィンを手元における喜びが、だんだん心を溶かしてゆく。何気ない仕草や、悪戯が愛しい。素直にお相手をしてやれないのは、まだ不安があるからだろうか。

無邪気に戯れるウィン、次第に恋情が呼び戻される。
それは、形になってふたりを結ぶ。
アパートのすえた炊事場で、タンゴを踊る、踊りながら耐えられない欲情に身を委ね、激しく唇を重ねる。お互い腰を抱き、体の揺れとともに、隙なくひとつに溶けて愛し合う。


職場を替え、生活の中にウィンを意識し、順調に過ぎて行くはずの日常が少しづつズレ始める。恋愛は激しければ激しい程、離れている間が耐えられなくなる。
夜出かけるようになった恋人に焦燥し、心に澱みが出来始め、逃避する。付き合いで同僚と遊興して帰るファイを、嫉妬から責めるウィン。ファイもまた、ウィンに詰めより平行線のまま、痴情が繰り返される。
手が治り、外出着に着替えて、小銭を減らしていくウィンが、不安を煽り、衝突する。“、ああ、治らなければ・・・・・・”
魅惑であって、甘美。陶酔する肉体、感情が支配する性質のウィン。
ファイには分かっている。独占出来ないと知りながら、自由を奪いたい。
「返さない・・・・」かたくなに言い張るファイ。
パスポートを返そうとしないファイに、罵声を浴びせ飛び出していくウィン。

川面で、悶え苦しむファイ。身を粉にして働き、居留守を使い、遠ざけようとする。心は、離れることができない苦悩。体が求める性の行為。同僚が救いになり、好意が芽生え、安らぎを得る。街をふらつき、偶然にウィンの姿、ウィンの行為を目の辺りにし、動揺する。体の渇きを、行きずりの男が埋める。

父への謝罪を軸に、未来を見つめ歩き出す。
かつて、ふたりで行くはずだったイグアスの滝。ウィンへの思いを冷静にとらえ、哀しみを捨て、洗い流して台湾に向かう。一歩抜け出すために。

追憶を辿り、ひとりアルゼンチンに取り残されたウィン。
ファイのいたBARに出入りし、幻と一緒にタンゴを踊っている。
ファイのいたアパートの床を磨き、涙に暮れる。
スタンドの滝を見つめ、暖かい毛布が凍りついた心を覆う。

「やり直そう」 もう、聞いてくれるファイはいない。


ファイの匂いを感じながら、抱き締めている毛布を握り締め、すすり泣く。嗚咽が、部屋にこだまする。いつまでも・・・・・とめどなく・・・・・

稚拙な恋の物語。ふたりの彷徨は、別々に歩き出す。
未来を求めるファイ。過去によどむウィン。恋人達は、時差を埋められない。
パスポート、未来はファイが握っている。

・・・・・・・・・・・HAPPY  TOGETHER・・・・・・・・・・・
誰と、一緒に幸せになりますか?



来たページへ戻る









HOMEmail to WEBMASTERレスリーバナー

    Copyright © 2000-2008 forLeslieLovers.net.