レスリー・チャン入門講座音楽的箱電影的箱資料的箱ニュースログ写真的箱Link的箱 | ファンコラム
TOP情報的箱2002年6〜7月

June to July 2002
情報的箱  ▼ページ一番下へ

(注:一部リンク先のページが以前の情報のため無いことがあります。ご了承ください


日本語訳はこぼーずkumaちゃんのご好意でアップさせていただいております。お忙しい中、こぼーずkumaちゃんの時間のあるときに・・・という感じですので訳アップは不定期です。あしからず。

ミッシェル・ヨウ主演映画のプレミアにご登場〜(7月29日)  ◎STAREAST
この日行われた『天脈傳奇』の上映会に、黒の胸の開いたシャツをお召しになったレスリー兄さまご登場でござります。
でも、早々に会場を後にされた模様。う〜む。~ヘ~;
イベントの模様の写真が下記にあります。


◎香港娯楽網 この映画、どえりゃぁ大作みたいですね。制作費も半端じゃない。



↑click拡大

出ますよ。^-^『crossover』
(記事anthonywong.cc)
発売間近。ニュースあれこれ(7月20日) ◎星島日報  ◎太陽報

あれやこれやとトラブル(?~_~;)もありましたが、いよいよ発売です。
レスリーとアンソニー・ウォン(黄耀明)のコラボEPアルバム、『Crossover』。二人の良いところを存分に引き出されたアルバムになっているようです。^-^(←希望)
終わりよければすべて好好(ホウホウ)ってことで、早く聴きたいですねぇ。

さて、上記リンクしているニュースの訳です。

☆哥哥とアンソニーの新曲、あやうくミリアムとバッティングに!?

レスリーとアンソニー合作の最新EP『Crossover』が今日、発売。EPには5曲収録されていて、『夜有所夢』『十號風球』『這麼遠那麼近』などがある。曲毎に二人は等しく分け合って参加している。たとえば、『夜有所夢』では二人のデュエット、『這麼遠那麼近』ではアンソニーが歌い、レスリーが語る。

アンソニーは『這麼遠那麼近』のインスピレーションは、一部台湾漫画家の作品『向左走向右走』から来ていると語った。歌のタイトルに付けようとした時、ミリアム・ヨンの新曲のタイトルが『向左走向右走』だとわかり、『這麼遠那麼近』に変えなければならなかった。アンソニーは「セリフを録音するときは本当に楽しかった。哥哥がストーリーをしゃべるのを録っただけなんだけど僕はそのまま直感にまかせてセリフを選んで歌の中に入れたんだ。これで完璧なものになったよ」と語った。

ユニバーサルで宣伝中です!


多謝!!! >> 訳: 【こぼーずkuma共同通信】  


■7/17はレスリー祭り
●DVD『ダブルタップ』3980円
(メイキングなど特典映像30分!)

●DVD『Live In Concert(97コンサ)』4700円
●CD 『   〃        』3000円
●OST『楽園の瑕』2300円
●OST『夜半歌声』2300円
発売元はすべてポニーキャニオン 
(サンキュ ゆみぃ)

写真はDVD『Live In Concert(97コンサ)』


よう休んでくださいまし。(7月10日) 
◎明報 ◎Yahoo!香港娯楽新聞(同じ記事)

最近のレスリーはのびのびと暮らしているとはっきり言った。しかしここ2日、何故だかパパラッチに追われている。彼らの行為にレスリーは「昼夜つきまとわれても、全く構わない。ただプライベートな場所で撮影をしたり、写真を撮る為だけに信号を無視したり。危険すぎる。本当に信じられないよっ」と語った。

休暇を終えたからか、レスリーの精神状態はとても良い。ただ、声がかすれていて、しゃべる声も小さかった。それは胃酸が逆流して、喉が胃酸で炎症を起こしているからだ。医者はリンゴのような赤さで腫れあがっているといった。そのため、彼にかならず休息を取るように忠告した。
もし彼がちゃんと話を聞いて薬を飲めば胃酸の程度は徐々に減っていって、だいたい2〜3ヶ月のうちに治癒することができる。健康のことを考え、レスリーはすべての仕事を休むことを決めた。「この病気は決して大病ではないけれども、僕は悪化させたくない。だから3ヶ月くらい休むことにした。完全に回復すれば仕事を再開できると医者も認めている。後遺症を持ちたくないから、歌・映画すべてストップ。」

ただ、レスリーファンのみなさん、心配しないで。
彼の健康と情緒はとても良いです。ただ健康を大前提として少し休養を取るにすぎないのです。彼が医者のいうことをちゃんと聞けば、絶対問題ありません。

 訳: 【こぼーずkuma共同通信】 
大事なノドだから、しっかり休養して早くよくなってほしいね。

休暇を終えたのに、また休養なのね。
45歳。ああ、体に無理が利かないお年頃。~_~; (Xiang)


異度空間来春日本公開予定!(7月10日)
配給会社であるクライドフィルムのサイトでも告知済み。みなさまっ!来春ですわよ!半年なんてあっちゅうま!
公開に伴う詳細情報などは追ってお知らせしていきます。^-^

○クライドフィルムホームページ


レスリーとアンソニーのニューEP製作秘話〜!! PART2

デュエット以外に関して・・・彼と彼、それぞれ夢のなかでうなされる『夜有所夢』

『夜有所夢』 −−もともとはまだ発表されていないアンソニーのニューアルバムに収録される歌だった。しかし、彼はこの曲はふたりでデュエットするのにとてもふさわしい歌だと思ったので、哥哥に聴いてもらった。結果、哥哥は大変よろこんだ。この歌はとてもぼんやり(曖昧な雰囲気)していると感じると思う。それはひょっとしたらこの曲に大ヒットしそうな旋律がないからかもしれない。ただ、最後に彼らはそれが独特な音楽性だったから、採用することに決めた。

「『夜有所夢』を録るための準備をしていたころ、僕と哥哥は一緒にレコーディングルームでデモを録音した。それから、みんながこのデモはよくないというので再びリハを行い、その後別々に録音をした。

この歌はアレンジが人にとてもぼんやりとした感じ(印象)を与えるだけでなく、メロディー自体はとてもドラマティックである。阿Veeは最初、この歌を書き始めた時、まず先にピアノのフレーズからはじめた。その後、僕と彼女は一緒にメロディーを作った。メロディーができ上がるのを待った後、どのような歌詞を書かねばならないか決めた。

僕は最近、急にプレッシャーに関する歌:一人の人間がいかにしてプレッシャーが充満している生活の中から出口を探し出すのかを表す歌を書きたいと思った。僕自身、デヴィットボウイとクイーンが歌った『UnderPressure』がとてもすきなんだ。だから林夕に代わりに歌詞を書いてくれとお願いした。ちょうど僕ら3人(哥哥・林夕・彼本人)とも最近眠りがよくない。だからこの歌はとても同感できる曲なんだ」

続く・・・・・

 訳: 【こぼーずkuma共同通信】 

都市に住むクリエイターやアーティストは概して”慢性寝不足”??
みなさぁん、睡眠は大事ですよーん。はい、そこの宵っ張りのみなさん、寝不足で白昼にレスリーの夢など見ないように!  Xiang


レスリーとアンソニーのニューEP製作秘話〜!! PART1 ◎人山人海
どういう経緯でお二人さんがコラボすることになったのか?なぜ、今、アンソニーとレスリーなのか!?どうして、同じ様な眼鏡をしているのか!(・・・には触れていません) 全貌が明らかに?アンソニーに直撃インタビュー記事を見つけました。

さ、今回もこぼーずkuma小姐のご登場でございますぅ〜。

音楽上でのはじめての出会いについて〜ふさわしい男性に出会う(パート1)

「僕はこんな風に思ってる;僕と哥哥は似ているから合作するべきだ、それとも、似ているから合作はすべきではないとも。合作すべき理由は僕らはみな同一類人に属している。ある点において事実とてもよく似ている。合作すべきでない理由は、楽曲の風格上、まるでお互いに少しも関係が無い 全く違うタイプの人間だと思うんだ」と、黄耀明は語った。

それにも関わらず、多くの人が期待しているこの作品は7月中に発売される。結局、どのような縁でこの「するべきで、するべきでない」合作のプロジェクトができたのであろうか?

「ユニバーサルの陳少寶が僕と哥哥にこの初めての合作を促してきたんだ。以前僕らは『同歩過冬』の中で少しデュエットをしたことがあって、少寶はとても良い効果だと感じたんだ。ちょうど僕らがそれぞれニューアルバムを出すよりも前に合作してみては?と提案があった。それでこのスペシャルなプロジェクトがうまれたんだ」

「僕は実は男性歌手と合作したのがとても少ないんだ。僕自身歌手だからなのかもしれないけれど、たまに僕と近かったりすると気になったりする。そのうえ、僕と哥哥の声質や舞台表現が少し近いような気がするんだ。だから、この合作が始まったばかりの時、少し気兼ねをしていた。でもだんだん彼に干渉したくなって、かえっておもしろくなったのさ」

2人の合作CDであるからには、デュエット以外に、このEPで、明哥と哥哥はみなさんに驚きと喜びを与えてくれるでしょう。

「デュエット曲『夜有所夢』以外に、僕と哥哥は話し合ってそれぞれ新曲を一曲書いてあげることと、お互いの持ち歌を一曲カバーすることにしたんだ。新曲のほうは、僕が去年、漫遊拉闊音楽日で歌った『十號風球』(台風シグナル10)を哥哥にあげたんだ。なぜなら僕はこの曲は僕がいつも歌う曲の感じとまるっきり違うといつも思っていて、逆に哥哥が歌ったほうが合っている。彼は曲を聞いた後とても喜んだよ。;カバーのほうで僕が選んだのは、哥哥が数年前に周慧敏に書いてあげた作品『如果イ尓知我苦衷』(もし君が僕の苦しい胸のうちを知っているなら)。哥哥は一曲新しい歌を書いてくれた。それ以外に僕の96年の作品『春光乍洩』(春の日和が突然あふれる)をカバーに選んだ。」

哥哥と合作した感じは・・・・

「実際始まったころは僕は確かに少し緊張していたね。だって張國榮だよ!ホントのホントの大スターなんだよ。君が大スターとの合作はすごーく人を緊張させるって知っているよね。僕は、彼がどんなときも威張らないだけでなく、十分僕らに任せてくれたので、とても驚いた。なぜならこの作品全部の編曲および製作すべては「人山人海」に任されているから。僕らの合作は十分順調だよ。僕らは彼の信頼を獲ることができてとてもうれしいよ」


続く・・・・・

 訳: 【こぼーずkuma共同通信】 



903ラジオヒットチャート情報(6月29日) 
アンソニー・ウォンと歌い上げている【夜有所夢】がチャートインしています。
こちら。 曲を聴くには登録が必要(有料) 曲を聴くには 香港のgorgor'shomepage で聴けます。
モウマンタァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!(6月20日) ◎明報

【張國榮:僕の精神状態は良好」 国際電話でゴシップをくつがえす】

最近しょっちゅう”哥哥”こと張國榮がホラー映画『異度空間』を撮影後、霊に憑かれたとか、ずっと病気を抱えていると疑う報道が流れている。レスリーは少し前の公開イベント時に、映画の脚本のことで精神が幾分緊張していると自ら明らかにしたのだが、依然としてあるマスコミが、レスリーは病気再発のためすべての仕事をストップしていると「披露」した。しかし、昨日レスリーは国際電話で本紙のインタビューを受けたときにはっきりと「僕は憑かれてなんてない。一部の間違った報道のために追いかける必要はないよ」と答えた。

《香港を離れて大プロジェクトの話し》
記者はまずレスリーのスタッフ・陳淑芬(陳太)に連絡をとり、最近のゴシップに関してやレスリーの近況などを尋ねた。陳太は「頭のてっぺんからつま先まで、もともと霊に憑かれてなんかないのよ。レスリーは最近とても調子がいいわ。表には出てないけど別に休養を取っているわけではなくて、海外である大きなプロジェクトの話をしているの。1〜2週間ほど過ぎたら香港に戻るので、そのとき皆さんに会えるでしょう」と話した。
ならば、レスリーはいったいどこにいるのだろうか?
彼女はパパラッチに追われたくないから・・・と明らかにしなかった。

《友人たちに感謝》
記者は更にできればレスリーと電話インタビューをしたいと求めた。陳太は気前良く「もしレスリーがOKすれば、私は無問題よ」と言い、すぐさまレスリーに電話を渡した。受話器の向こうから愉しそうな元気な声が聞こえてきた。「僕は香港にはいないけど、でも沢山の噂は聞いてるよ。しかもとてもおかしいね。みんなが関心を寄せてくれて、僕は感謝してるよ。君は僕の声を聴いて、僕が憑かれてないってわかっただろう。どこにそんなところがある?」
「憑かれたとか書かれたニュースを見て怒ってない?」
「怒ってないよ!僕はただマスコミにめちゃくちゃな報道をもうしないでほしいだけ。みんなもこんな嘘の報道で追いかけたりしてはいけないよ」
「海外で休養してるの?」
「もちろん違うよ。僕はあるとても大きなプロジェクトの話をするために来てるんだ。最低限しなければならないことが多いから、2週間後に香港に戻るよ。僕は海外にいるけど、ある友人がこんな嘘のニュースを見た後、本当に僕がどうかあるのではって、とても緊迫した様子で、僕に国際電話をかけてきてくれたんだ。電話代をいくら費やして電話をしてきてくれるのか僕にはわからない。だから君らの新聞で友人達に伝えたい。僕がとてもいいかわからなくても、たずねてこなくていいからね。国際電話代はとても高いから、僕は心が痛むよ!」

写真と記事は
関係有りません

 訳: 【こぼーずkuma特派員より】 こうやってレスリーの話が伝わってくるとホッとします。大プロジェクト・・・うーん、なんだろうね。

ニュースがいっぱいだと、いつもそこにいるようで安心。ニュースが無くなるとどこかへプイといなくなるのでは?と心配。あああ・・・・レスリーに心踊らされてどこまでいくのか。Fanたちよ!!!彼を信じてついていけばいいだけなのに・・・ ・・・・ ~_~; Xiang


おやおや、どうした?(6月12日) ◎太陽報


二人の声のハーモニーは最高。

先週初め、ついにニューアルバムの仕事に復帰したレスリー、本来なら数日前にアンソニーと一緒にジャケット撮影をするはずだったが、なぜかレスリーは突然決定を覆し、再び病気を理由に、しばらく据え置いたままのジャケットを撮影しないと断った。人に心配をかけるので自ら胃炎を患っているだけと言っていたレスリー、彼が言うほど楽観できない。

ご存知のように、もともとレスリーとアンソニーは先週の復帰時にすでに連体構図を準備していた。ジャケットは『男性版ツインズ』(←これだけで予約注文1万件殺到必至!??笑)で、先週中に撮影を開始するように準備していた。しかし、なぜかわずかな期間でレスリーがまた病気を理由になんと突然撮影をキャンセルした。

レコード会社はレスリーがまた決定を覆したため、なす術をなくしてしまった。レコード会社は二つの案を準備した。ひとつはこのままレスリーが復帰して撮影できるように努力し、ニューアルバムがふたりの構想を用いて作れるように望んでいる。もう一方は、レコード会社が待ちに待たされるのを嫌い、彼らが計画した図案設計で、もとの構想に取って代わるというもの。

このことについてユニバーサルレコード中文唱片部の高級副総裁・朱國禎氏に尋ねたところ、彼はレスリーが再び仕事をストップしていることを決して否認しなかった。ただ「現段階ではいかなることも明らかにすることはできない」とだけ語った。

 訳: 【こぼーずkuma特派員より】
はやくいいニュースが流れるといいね。レスリー、明日のイベントでなんか語ってくれるかなぁ・・・・

まじ、この二人のアルバムはいいはずっっ。それだけに早く出して欲しいけど、こりはファンの勝手な希望。レスリーにはレスリーのペースがあるんだろうねぇ。でも、こういう やなニュースはみんな聞きたくないよーん。早く活発ないつもの若になってねー。 Xiang

アンソニー・ウォンとは?


胃腸、弱いよねぇ>れ ~_~; (6月3日) ◎太陽報

明哥とのお仕事再開。この日は唐さんとチムシャーツイの新しい会社へご出勤〜。でもって、お医者さんにもかかっているようで、今回は胃の調子が?? 腹八分目やでー(ち、ちがう?)

この黒ぶち眼鏡、お気に入りみたいね。*^-^*

・・・ということで一夜明け(?)びっちゃんからの訳が届きました。ありがたぁくアップさせていただきます。


奇病にかかったとか霊にとりつかれたなどのニュースが流れていたレスリー、少し前には情緒不安定のためにレコーディング停止に迫られていた。昨日ずっと、レスリーは好友・唐唐に付き添われ遂に復活したが、帰るときには噂の男性アシスタントのケネスが付き添っていた。復活したレスリーの精神は悪くなく、更に少し前に胃炎を患っていただけだと明らかにし、とりつかれたとか睡眠不足という説をくつがえした。

レコーディング再開のためレスリーは、昨日午後2時ごろ好友唐唐が運転する車で送ってもらって、チムシャーツイにある会社に姿を現わした。数ヶ月そのままになっていたニューアルバムの準備のため、今回のパートナー・アンソニーおよびユニバーサルの上層部と会議を開いた。


黒ぶちメガネをかけたレスリーは憔悴ももうなく、精神状態も悪くない。記者を見るなり唐唐はすぐに入っていったが、レスリーはどんな質問にも答えないよと手を振って表示した。しかし、ずっと笑顔を保ちつづけていた。記者は追いつづけ彼に身体の状態についてや、以前の霊に憑かれたという説についての関係性について尋ねた。レスリーは遂に質問責めをさえぎり顔には笑みをたたえ答えた。

「僕は中医に診てもらってる。実は胃の具合がよくないんだ。(胃、どうかしたの?)胃炎だよ。何度もみてもらったから、調子はいいよ」

彼はまた昨日が復帰1日目で、CDジャケットについてじっくりと話し合ったと認めた。話すのをやめ、手で“お口チャック”(お口、ちゃ、チャックゥ?笑みたいっっ)の動作をし、再び答えなくなった。約30分後、唐唐が先にその場を離れたが、いつもと違ってカメラに対して突然恐怖症を起こし、一目記者を見ると雨天で路面がすべるのも構わず、スピードをあげ、逃げるように道路を横切り、駐車場へ走っていった。(っていうか、それ、記者たちの被害妄想?~_~;)

数時間後、うわさの男性アシスタントのケネス(もう〜、ええやろ。女性自身のようなゴシップはさ。)と一緒にその場を離れたレスリーは、意外にも唐唐と行動が一致していて、元気いっぱいに走って道路を横切り、すばやくタクシーに飛び乗って、去っていった。まもなくして、アンソニーもその場を離れた。

記者がレスリーの病状について尋ねると、アンソニーは「彼はいまはもうなんでもないよ。彼も不眠症。僕はこれは都市の人間の欠点だと思っている。僕も林夕もいつも不眠症だよ。僕はプレッシャーがものすごく関係してると思ってる」と答えた。

 訳: 【こぼーずkuma特派員より】

神経性胃炎に、不眠症 T_T;  おつかれさまでぇす TOT; >れ (Xiang)


黒ブチ・ツインズがやってくるぅ〜。(6月1日)  ◎東方日報
新曲 『 夜 有 所 夢 』の歌詞はこちら

レスリーがこのところ 自分の監督処女作となる映画の脚本を書くのに神経を使いすぎ、不眠症になっているのは今やすべての香港人、レスリーを愛する日本人女性みんなが心配しているところですが(言い過ぎ)、この度、発売が懸念されていたアンソニー・ウォン(明哥)とのコラボ曲が遂に、6月中に発売の模様。併せてMTVも撮るそうだ。もうすぐまた素敵な哥哥に会えますねっっ☆

(眼鏡もヘアスタイルも 似ている?→)







HOMEmail to WEBMASTERレスリーバナー

    Copyright © 2000-2008 forLeslieLovers.net.