TOP資料倉庫Time Asia Bedroom Pinup
☆写真的箱で和む♪

Interview with Leslie Cheung Gkok Wing

Time Asia --- Arts INTERVIEW --- Bedroom Pinup
香港の俳優であり歌手でもある少年、レスリーチャンにインタビューする。 by ステファンショート

2001.5.3 木曜日
レスリーチャンは香港の偉大な歌神(Male Diva)です。
派手な歌手であり俳優であるレスリーは、タイムのステファンショートと率直に映画や名声や現在に至るまでの過程について話す。以下は編集した抜粋である。

タイム: 監督はあなたから直ぐに欲しい演技を得れるから、あなたは時々ワンテイクレスリーと呼ばれています。事実ですか?
レスリー:僕が今まで撮った中で一番長いシーンは、「欲望の翼」でウォン・カーウァイと仕事した時なんだ。マギーと僕がベッドで彼女のいとこか何かについて話してたシーンさ。とにかく、撮り終えるのに2日、39テイクかかったんだ。ウォンは僕達にどんな役を演じて欲しいのか、手がかりをくれなかったんだ。マギーと僕がウォンに前の38テイクのどこが悪いのか聞いても、教えてくれなかったんだよ。
タイム:あなたはカーウァイの企画を受けなかったことがありますか?
レスリー:僕はいつもカーウァイから最初にピックアップされるんだ。僕は彼のお気に入りさ。「ChungKing Express」の時も、トニーレオンの前に僕にアプローチしたんだ。だけどほら、僕はその時とても忙しかったんだ。「上海グランド」をやってたし、ピーターチャンと「君さえいれば」を撮影中だった。で、カーウァイが僕に電話してきて言うんだ。「レスリー、俺はこの素晴らしいストーリーを撮りたいんだ。フェイウォンと一緒にやってくれないか?」その時僕は他にも仕事が決まってたんだ。僕はカーウァイに言った。「フェイはほんとに演技ができるのかい?」僕はカーウァイに「一緒に仕事できるのはとても嬉しいよ。でも残念だけど、今は忙し過ぎてできないんだ」って言ったんだ。それで、トニーにアプローチしたんだよ。カーウァイは「天使の涙」でレオンライがやった役を、僕にやって欲しいって言ったんだ。暫くして、カーウァイは「ブエノス」をやって欲しいて電話してきた。アンディラウが最初「ブエノス」に出たいと言ったんだけど、何があったのか知らないよ。僕はその時「色情男女」をやってた。又、カーウァイと話して、いくつか自分で納得しなきゃならないとこがあったけど、オファーはとても良いと思った。僕達はスケジュールや条件やデッドラインについて話し合ったんだ。カーウァイはとても頭のいいやつさ。どうしたらいいか分かってるよ。
タイム:俳優と話すと、みんな、あなたと仕事がしたいと言っています。あなたは誰と仕事がしたいですか?
レスリー:僕は来年チャンツイイーと仕事がしたいんだ。カレンモクとチャンツイイーは映画で素晴らしい演技をするだろう。僕が監督しなきゃならないだろうね。映画はベット・ミドラーの「ビーチ」に似たものになるだろうよ。きっとおもしろいよ。そう、思わないかい?
タイム:あなたならカレンとツイイーを使って、ネスカフェのコマーシャルを撮れますよ。私はたくさんお金払っても、そのコマーシャルを見るんだけど。あなたは80年代の偉大な広東スターでした。それからどのように変わりましたか?
レスリー:物事が段々保守的になってきている。また、政治的にはどんどん正しくなってきている。僕はラッキーさ。今もスターとして生き延び、トップの座をキープしてる。僕のトップの地位はメディアと関係があるんだ。
 数年前、メディアはタブロイド紙ではっきりしたことなんか全然書かなかったんだ。トニーレオンを例に取ってみよう。トニーはカンヌで最優秀男優賞を取った。今、香港で大きなニュースになるはずだよ。でも、トニーの受賞は新聞の角のほんの小さな記事さ。カリーナ・ラウと彼女の恋人のことをファーカスしてる。メディアはゴシップを提供するのさ。
タイム:あなたはずっと「ブエノス」について質問されてるでしょう。
レスリー:そうさ、もう慣れたけどね。日課のようなものさ。でも、もし誰かが香港で知的な質問をしようとすれば、僕はもう困ってしまうよ。本当にこんなことじゃいけないんだけど。
タイム:イギリスの学校は楽しかったですか?
レスリー:僕は沢山考え直さなきゃならなかった。人種問題や人種差別があった。でも、そのお陰で物事をよく見るようになった。例えば、僕はロンドンまで電車に乗って行けた。寂しいなんて思わなかったんだ。初めてちょっとホームシックにかかったのは3ケ月経ってからだったよ。毎週、両親と家族に手紙を書いたものさ。手紙を書いて初めて、僕達は身近になったように思った。週末には親戚に会いに、サウスエンドオンシーへ行ったものさ。彼らはレストランを経営してた。僕はバーテンダーをしたよ。ショーをするようにもなったんだ。たった13才だったんだ。でも、毎週末アマチュアで歌ってたよ。
タイム:香港は好きですか?
レスリー:香港はとても贅沢だ。あまりに高過ぎる。僕は香港には繊細過ぎるんだ。いつも香港人の一人だと思ってるわけじゃない。僕はゴミをもう家の外へ出せないんだよ。だって、ゴミの中から何か探して、売ろうとするんだから。僕がコーズウェイベイへ行っても、リポーターが追いかけてくる。彼らは僕の車の登録ナンバーを知ってるんだ。だから、僕がマンダリン・オリエンタル・コーヒーショップにいようと、プロパガンダ(流行のゲイクラブ)にいようと、追いかけられる。
タイム:あなたは多くの中国人女優にとって、彼女達を叱かる叔父ですよね。
レスリー:僕は彼女達みんなを愛してるよ。20年前、僕も新人だった。だから、彼女達に演技を教えたり、仕事について色々な考え方を話したりが好きなんだ。最近のコンサートでショーが良くないから、カレンモクを叱かったんだよ。だけど、僕が彼女にステージでキスしたのを見ただろう。カレンは最初にチャンスをくれた叔父として僕に感謝したんだよ。


Thanx ケーマ。
    Copyright © 2000-2001 Ai-Xiang.





HOMEmail to WEBMASTERREAD ME

    Copyright © 2000-2003 forLeslieLovers.net.